マンスリーマンションの歴史

マンスリーマンションは一体、いつごろから利用されるようになってきたのでしょうか?

その歴史はあまり多くの方に知られていないものでもあると思います。

 

マンスリーマンションが誕生したのは1970年代。

不動産賃貸業者が新たなビジネスを展開するという形で誕生したのがマンスリーマンションである。

これに対してウィークリーマンションは、ホテルから派生したものである。

誕生時期は同じ1970年代であるが、元々の考え方が違ったのである。

 

マンスリーマンションはそれまでの賃貸物件の常識を覆した。

保証人は不要であり、また家具や家電もついている。

そして、敷金礼金が不要ということが大きな魅力となり、急速に増えていったものである。

扱っている不動産業者も増えていき、多くの物件が急速に増えていった。

一般的な賃貸物件よりも手軽に利用をすることができるというのが大きな点であり、その影響で利用者も増えていき、より多くの物件が誕生したともいうことができるのではないかと思う。

 

最初は都心部のみだったのが、その利便性から全国に広がっていったということでもある。

 

また、ウィークリーマンションとマンスリーマンションの違いは、誕生当初は明確にされていたが、今では契約期間の長さというくらいの認識しかなくなっている。

会社比較

マンスリーマンションを運営している会社はたくさんあります。

ここでは代表的な運営会社を紹介し、その違いについて解説をしたいと思います。

 

・レオパレス21

  全国でもっとも運用個数を所有している。

  賃貸をするときに、連帯保証人が不要なので、保証人を立てることが困難な人や、外国人の利用者がとても多い。

  運用個数が多いので、条件に合う物件を見つけやすいのかもしれません。

  物件数が多いと、多少条件を厳しくしても、対応している物件が見つかるということもあると思います。

 

・グッドコミュニケーション

  ウェブサイトを利用してのサービスがとても充実している。

  マイページを持つことができ、請求書や契約内容をウェブ上で常にチェックをすることが可能。

  更に様々な割引プランがあるので、かなり安くなることもある。

  決済方法もカード、コンビニと選ぶことができる。

 

・東建コーポレーション

  東建コーポレーションというよりも、仲介業者の「ホームメイト」という名前のほうが浸透しているかもしれない。

  住宅設備総合メーカーがグループ会社にあるので、設備に関しては統一性がある。

  故障の際には、迅速な対応をしてくれるというのがとても便利。

 

・アパマンショップ

  全国展開をしているフランチャイルズなので、他社に比べると比較的店舗数も多い。

  窓口が多いので、対応も迅速。

  加盟不動産店は業界一。

予約から退室までの流れ

実際にマンスリーマンションを利用するとなったら、どういう手続きが必要になってくるのでしょうか?

不動産会社によっても手順は変わってきますので、ここでは一般的な流れを紹介します。

 

まずは物件を探し、予約をしなければいけません。

物件は今は大抵の場合、ウェブサイトから検索をすることが可能です。

条件に合う物件を見つけることができたら、管理をしている不動産会社に本当に空いているかどうかなどの状況の確認をしてください。

電話での問い合わせでも大丈夫です。

 

空きがあったら、申込みをします。

これはメールで送ってもらうことも可能ですし、実際に不動産業者の店舗に行って申し込むことができます。

 

不動産会社によっては、マンスリーマンションでも身元の確認や入居審査があります。

ですから、そのあたりのことは不動産会社に聞いてみるといいと思います。

 

審査に通ったら、不動産会社から契約書と請求書が渡されます。

家賃の振込が完了し、不動産会社から入金の確認が取れたら、鍵を渡されます。

 

ここで大事なことは、入居をしたら家具や家電の確認をすることです。

入居前に壊れていたりしたら、修理費を請求されることがあるので、ちゃんと確認をし、不備があったらすぐに連絡をするようにしてください。

 

退出の際には、不動産会社立ち合いのもと、家具や家電のチェックが行われます。

破損をしていないかの確認をして、退出をします。